SolidWorks(ソリッドワークス)アセンブリ使い方基本編 組立図みたいな感じ!


「だいたいアセンブリってなに!?」「部品と同じじゃない!?」「部品の作成と同じでしょ!?」。ですよね。3D-CADではアセンブリという概念があります。最初は何の事だかよくわからないと思いますが、少しずついじっているうちにアセンブリの概念がわかってきますのでご安心を!!! SolidWorks使いこなし術を伝授。

 

アセンブリ基本編 INDEX

  1. アセンブリとは
  2. 基本アセンブリの作成方法。
  3. アセンブリの部品編集
  4. アセンブリの新規部品の挿入
  5. アセンブリ内の他の部品を参照して部品編集
  6. 標準合致」の「一致」と合致の注意点、合致情報
  7. 「平行」の合致と「固定」の学習
  8. 「同心円」の合致とミラーの活用
  9. 「距離」「角度」「ロック」合致の使い方
  10. 「ネジ合致位」の使い方と動作確認
  11. 「干渉認識」で誤作の予防
  12. 機械的な動作の「干渉認識」
  13. 構成部品のミラーコピー
  14. 「新規サブアセンブリの挿入」でサブアセンブリを作成
  15. 外部で作成した「サブアセンブリの挿入」
  16. 「アセンブリ編集」サブアセンブリをトップアセンブリを参照して編集
  17. アセンブリ編集時の「アセンブリの透明性の強制」透明度の調整
  18. 構成部品名にはいろんな情報が表示されているからお見逃しなく!
  19. アセンブリに簡単に部品を挿入する方法とは!?
  20. 外部参照ってよく聞くけど必要なの。なくなったらどうすればいいの?
  21. 2Dから3Dの立体化は斜めの方向から見た線って使いにくいよね、でも、アセンブリの機能を利用すれば自在に使えちゃう。
  22. 近接距離の御用達! 衝突検知で接触する前の距離を計測使用



↑ コチラがフレーム工業のトップページです。どうぞよろしくお願いします。

部品点数が多い場合や、ギヤなど動きのある物などの設計は、3D-CADが強力な武器となります。

僕が担当する物件は、あまり動きのある物ではありませんが、部品点数がやたら多いため、どうしてもアセンブリが必要で、ソリッドワークスにだいぶ助けられています。

もし、そんな物を設計する場合はソリッドワークスのアセンブリが非常に役にたちますので、今すぐアセンブリを利用してみましょう!!!

↓ トップページはコチラ
>>>INDEX


コメント

  1. Thanks for brining it to my attention… I didn’t know about it.
    fake van cleef arpel bracelet [url=http://www.rsook.com/take-a-look-at-the-van-bracelet-replica-that-express-sweet-love.html]fake van cleef arpel bracelet[/url]