邪魔になった古いパソコンの無料の簡単処分方法!持ち込みは面倒、データも消去してほしいよね。


パソコンを買っちゃうと、使わなくなった古いパソコンが邪魔ですよね、会社だと、不要のパソコンが沢山あって早く処分したいけど、処分にお金をかけるのも、もったいないし、重要なデータが入っているから、やたら処分すると、データの再利用ができなくなって大変!

パソコンの処分ごときに、大切な時間を浪費するのも、もったいない!

お客さんの大切な極秘情報が入っているため、処分する場合は、データを完全に消去する必要があるけど、消去の仕方がわからない!

そんな場合に備えて、いらなくなった邪魔なパソコンを賢く処分する方法を紹介します。

 

1.粗大ゴミや産廃では処分できない!


資源有効利用促進法が平成15年10月1日に始まり、
自治体ではPC(デスクトップ、ノート、液晶一体型、液晶ディスプレイ・モニタなど),
は収集・引き取りできなくなりました。

これは、リサイクルならいいけど、
廃棄することができないということです。

だからパソコンは、
粗大ごみや産業廃棄物では、
捨てることができなくなっちゃったわけです。

ではどうすれば、
パソコンの処分ができるのでしょうか?

それは、捨てるのではなく、
リサイクルをすれば処分ができるとになります。

ちょっと屁理屈だけど、
この方法が一番お得!

パソコンは、
捨てるのではなく、
リサイクルをすれば処分ができるとになります。

 

2.小型家電リサイクル法の施行で回収

パソコンメーカーによる回収のほか、
平成25年4月から「小型家電リサイクル法」が施行されて、
一部の家電量販店や市区町村では、
パソコンの回収も行われています。

自治体や家電量販店には、
回収ボックスが設置されていることもあります。

但し、
これ、少し問題があります。

重要なデータを完全消去してくれるのか、
保証できません!

また、
回収ボックスまで、
持って行く手間がかかりますし、
回収ボックスがない場所もあります。

画像のように、
回収ボックスは小さいから、
現実デスクトップなどのパソコンは、
投入できません、困りますね!

しかも、重要なデータごと、
回収ボックスに入れちゃうから、
データを再利用しようと思っても、
後の祭り状態!

個人情報や、
お客さんの機密データの
漏えいが心配だからやたら投入できませんよね!


3.処分に備えて。

ここでは、
パソコンを処分する際に2通りの方法を紹介します。

状況に合わせて方法を選択してください。

1.重要なデータはHDDごと抜いておく!

データを再利用したい場合は、
一番確実なのが、
HDDを抜き取ってしまうことです。

そうすれば、
全てのデータを失うことがありません。

データの流出の心配もありません。

ハードディスクの規格は、
「IDE」、「SATA」の2種類あります。
抜き取っ手再度違うパソコンに、
USB変換ケーブルで接続すれば、
正常にデータの再利用ができます。

ちなみに、
接続ケーブルは、
IDEとSATAの両方に対応しているものがおおいですから、
購入する際にあまり迷うことがないと思います。


ハードディスクは30センチ未満なら、
自治体の燃えないゴミで処分できます。

 

2.簡単なのが外部ストレージにバックアップ!

不要になったパソコンのデータを、
丸ごと外部のストレージに保存しちゃうのが一番簡単!

データ量が多いと、
圧縮不可能の場合もありますし、
圧縮不可能のデータもありますので、
外付けのハードディスクにバックアップしましょう!

USBだと容量がたりないため、
フォルダーの圧縮ができないと、
バックアップできない可能性があります。

それに、長年使用してきたパソコンだから、
かなり、データ蓄積されていて、
USBじゃ対応できない可能性が高いですね!


以上で、
パソコンを処分する際のデータの処理が完了です。

後は、処分する業者に依頼するだけです。

4.私のおススメ業者!

「ライズマーク」という業者ですが、
回収が驚異的な簡単さです。絶対おススメ!

「Dグリーンマート」はノートパソコン専門だし、


「パソコンファーム」は持込みしないと、
処分してくれません。しかも、
住所が「埼玉県三郷市上彦名296−2」、
のため、ココの周辺に在住または、
会社がこの近辺じゃないと処分不可能!


「パソコン回収.com」は、梱包の作業が大変!
こんなことやってたら、会社じゃ時間のロス。
>>>画像を拡大する


下に緩衝材を厳重に入れろとか、
横にも緩衝材を入れろとか、
上面にも緩衝材を入れろなど、
結構面倒!

しまいには、画面を保護するために、
ダンボールでしっかり保護しろとか、
時間や労力がかかり過ぎのため、

「パソコン回収.com」はNGとさせて頂きました。

 

というわけで、
ライズマークがダントツ1位です。

なんといっても、ライズマークは、
「無料回収に依頼する」で、
「玄関前から回収希望」と入力しておけば、
不在でも回収してくれますし、
事務所の前に置いておけば、
勝手に回収してもらえるから時間の節約になります。

全国対応も魅力です!

私の考えたキャッチコピーは、
「究極の簡単処分!玄関前に置くだけ回収」

ライズマークの特徴はまだまだ沢山あります。

    1. 壊れている物・電源が入らない物、
      メーカー・機種に関係なく無料で回収!
    2. 中古・故障した物、
      HDDを抜き取ったパソコンでもOK!
    3. 回収したパソコンのデータは、完全消去します。
      パソコンはデータのフォーマットだけでは、
      完全に消去できませんよね。
      よくテレビの刑事ものなどで、
      消去したはずのパソコンのデータを、
      復活させていますよね。実際にある話です、
      ですからパソコンの処分は、
      必ず、信頼のできるデータ処理をしてくれる業者じゃないとダメですよ。
      ライズマークでは、専門の技術でデータを完全消去します。パソコンが壊れていても専用機器にハードディスクを直接接続してデータ消去が可能です。

      このように、完全消去するまで徹底的に実行します。

      ハードディスクが破損して、データ処理ができない場合は専門の業者に依頼して、物理的に破壊して、データの復旧ができないようにします。だから、ご自分でデータの処理をしなくてもOKです。やっぱりこの点でも、時間と労力が節約できますので、会社関係の方にも好評です。

「無料回収を依頼する」に入力すれば、
運送のための伝票も不要です。

以上の作業項目が運搬、データ消去も含めて全部完全無料です。

 

無料で出来る理由

回収したパソコンは、
専門の技術者が整備して、
OSのインストールをしてから、
再生パソコンとして甦らせます!


再生が完了したパソコンです。
以前なら不燃物として処分されていたパソコンですが、
きれいによみがえり、
新たな購入者のもとで大切に使用されます。


回収したパソコンや周辺機器は全て処分することなく、
再生利用しますので、完全無料回収が実現できるわけです。

 

 

結構、パソコンの無料回収の業者を探しましたが、
一番条件のいいところはライズマークでした。

ライズマークはコチラ↓

 

>>>INDEX

コメント