設計で必要なオンラインストレージとは CADのデータを保存転送できる、ビッグデータの転送も可能!


CADで設計したときに、データの転送や保存をしたい時がありますよね。そんな時に利用できます。オンライン上で利用するため、USBやハードディスクなどが不要です。メールで添付できないような、ビッグデータの転送も可能です。

1.オンラインストレージとは

一般的に、CADのデータを保存するときは、コンピューターのストレージかUSBなどの外部ストレージに保存しますよね。その保存をインターネットでつながったサーバーに保存するストレージのことを「オンラインストレージ」と言います。そのまんま!


オンラインストレージを利用すると、ローカルストレージが無くても、インターネット環境なら、データをアップすれば保存ができます。

無料で利用できるところが多いので便利です。

但し、各サーバーごとにアカウントが必要な場合が殆どです。

保存の場合は、ローカルストレージが破損しても、オンラインストレージにデータが残っていますので、万が一の時に復旧ができます。

ちなみに、このサイトのデータも、2箇所のサーバーにデータを保存しています。

設計屋さんはここまで読めばOKです。後の項目は飛ばしても問題ありません。

2.長所

1.データを外部に保存できる

北朝鮮がミサイルを発射して、日本に着弾して、パソコンのデータが紛失すると困る方は、中国にあるサーバーにデータを保存しておくと、被害にあっても復旧できます。

というのは、冗談ですけど。

一時グーグルさんが、「核戦争が起きても、あなたのデータは、世界中のグーグルのサーバーに保存されていますので安心です」みたいなことを言ってたような気がします。

とりあえず、自分のパソコンや自社のサーバーだけにデータを保存しておくのが心配な方におススメです。

 

2.データを共有できる

パスワードでデータをの流出を防いでいる場合は、他の方にパスワードを教えてあげればパスワードを知っている人は、だれでもデータを閲覧できますので、メールの添付ファイルを利用できないような、ビッグデータを共有したい場合は、必須です。

今回、このテーマを選んだのは、上記のようにデータを共有する場合のために必要な事項なので、掲載しました。

CADのデータでは、100メガとか200メガ位のデータのやりとりは当たり前ですよね。でもメールの添付ファイルだと、Gmailで25メガ、アウトルックだと5メガ位しか添付できませんが、オンラインストレージを利用すれば、1ギガとか2ギガのデータの共有も可能です。超便利!!!

オンラインストレージのサービスは、Dropbox・Onedrive・Google Driveなどが有名ですが、企業で利用しているのは、データ便が一番多いです、次にファイヤーストレージですが、殆どがデータ便。

個人的には、無料版ならグーグルが一番確実で一番容量が多くて、しかも昔からやってるから、安心なんですけど、会社、特に大企業はなぜかデータ便です。

セキュリティの厳しい企業だと、グーグルなどのフリーのサーバーは受信拒否される場合もあります。

私用でなら、Dropboxを利用してる方が多いようです。ちなみにこのサイトのバックアップはDropboxです。

データ便の利用方法は別ページで紹介します。

 

3.データを同期できる

データの同期は、CADで設計している方はあまり利用しませんが、表計算などや、会計関係の場合は必須です。

データの動機は、プログラムでいえば、テキストチェンジです。Aのパソコンでデータを変更すると、Bのパソコンの画面の数字も同時に変更される機能です。

もう気が付いているかもしれませんが、この同期機能は、オンラインじゃなくても昔からありますよね。でも、知らない方もいるので念のために、掲載。

 

4.回転式のHDDのように衝撃の故障がない

当たり前ですが、別の場所にデータが保存されていますので、動作中に、うっかり落として破損なんてことはありません。


 

3.短所

1.オンラインじゃないと使えない。

ネットに繋がっていることが大前提!

メールでURLを貼り付けて、「ここにアクセスしてね」って言われたら、全くダウンロードできないこともあります。

設計屋さんは、デスクトップを利用することが多いので、ネット環境が使えない場合があって、困っちゃうことがあります。

 

2.無料版は容量が少ない

ローカルストレージのように、1テラとか2テラとか、巨大なデータは無料版では絶対無理、グーグルでも無料版は15ギガまで。

 

3.データをアップしたりダウンロードするのに時間がかかる

アップロードに時間がかかる。今は、殆どが光回線を利用していますが、それでも、1ギガのデータをアップするのはとんでもない時間が必要!

4.CADを利用している場合は!?

あなたのように、CADを利用して設計業務をしている場合は、データの保存でオンラインストレージを利用することは99%ありません。

設計やさんが利用するのは、メールの添付ファイルで送信できないような、ビッグデータをお客さんや業者さんに、見てもらいたい場合に利用します。

特に、データ便を利用すると思いますので、次のページでデータ便の利用方法を紹介します。

設計屋さんには関係のない項目を沢山載せてしまいましたが、なにかの参考になるかもしれませんので、みておいて損はないとおもいます。

今回は以上でおしまいです。

お疲れ様でした!

>>>次のページ
>>>INDEX


コメント