データ便無料版ログインや使い方編! CADで設計する方はデータを転送するのに必須です!

CADで設計をしていると、お客さんや、業者さんにデータを送信したい時に、メールの添付ファイルだと、データが大きいため送信不能なんてことってありますよね。そんな時に使いたいのがデータ便、今回は、データ便の使い方を解説します。

 

1.データ便とは!?

オンラインストレージのサービスサイトです。

メールの添付ファイルでは、送信できない大容量のデータをお客さんに渡すことができます。

何故か、日本の企業はデータ便を利用する場合が多いですので、CADを利用している方は知らないと、容量の大きいデータをお客さんに渡すことができませんので、設計屋さんは必須の道具です。

個人的には、グーグルが一番だと思いますが、なんたって、お客さんがデータ便を指定しちゃうから、使うしかないですね。

 

データ便の仕組み

あなたが作成したデータを、データ便のサーバーにアップロードします。データ便からURLを発行してもらえますので、コピーしてメールに貼り付けて、お客さん宛にメールを送信します。お客さんは、あなたが送信したメールを開いて、表示されているURLをクリックすれば、データ便のサーバーにアクセスして、ダウンロードが開始されます。


実際に使ってみるとこんな感じ

詳細な使い方は後述します。

  1. 赤枠の部分に、お客さんに渡したいデータをドラッグアンドドロップして「アップロード」します。


  2. URLが発行されますので、発行されたURLをメールの本文に貼り付けて送信します。


  3. あなたが送信したメールを、お客さんが開いて、メールに貼り付けてあるURLをクリックすれば、自動的にデータのダウンロードが始まります。


お客さんに、簡単に大容量のデータを渡すことが可能です。

2.データ便の登録

データ便には、ライトプラン、フリープラン、ビジネスプランの3種類がありますが、最初に始めてほしいのが、フリープランです。フリープランなら無料で300メガまで転送できます、さらに、アンケートに答えるだけで、500メガまで増量してくれます。

会員登録なしのライトプランもありますが、100メガまでしか転送できませんので、おススメではありません。

ビジネスプランは、毎月課金がありますので、もったいないので、最初はやめておきましょう。

と、いうわけで、このページでは、データ便のフリープランの使い方を解説します。

フリープランの登録

データ便のサイトへ移動します。

>>>データ便はコチラ

  1. 「会員登録はコチラ」をクリックします。


  2. ページが移動したら、「フリープラン」の「会員登録する>」を選択します。


  3. ユーザー登録の画面で各項目を入力します。
    ・登録名(適当ななまえでOK)
    ・メールアドレス
    ・パスワード(パスワードは英語と数字を入れて12文字以下にする)
    ・業種(適当で可)
    ・役職(適当で可)
    ・年齢(だいたいでよい)
    ・性別
    ・配偶者の有無
    ・子供の有無
    ・都道府県および海外(自分の住んでる場所)
    ・興味のあるジャンル(3項目選択しますが、なければ適当に選ぶ)
    ・データ便の利用用途


  4. 利用規約は字が小さいし、長いので読んだふりをして、「会員登録する」をクリックします。


  5. 確認画面に代わりますので、よければ「登録」をクリックします。


  6. この画面に切り替われば、登録の完了です。「ログイン」のボタンが表示されます。


登録が完了しましたので、画面を閉じてしまいましょう。

 

3.実際に使ってみる

フリープランの登録が完了しましたので、実際に使用してみます。

データが100メガ以下の場合

  1. 再度データ便にアクセスします。
    >>>データ便はコチラ
    アップロードするファイルの容量が100メガ以下の場合は、ログインせずにそのまま、データをドラッグアンドドロップで完了できます。有効期限とパスワードの有無、ダウンロードの通知を入力して、「同意する」にチェエックをいれて「アップロード」をクリックするとアップロードが開始されます。
    >>>拡大図はコチラ


  2. アップロードが完了すると「URL取得画面へ」のボタンがありますので、コチラをクリックします。


  3. 画面を少し下にスクロールすると、「COPY」のボタンがありますので、コチラをクリックします。これで、クリップボードにURLがコピーされましたので、メールを作成して、本文にURLを貼り付けて、コメントを書いて送信します。


これで、メールを送信すれば、お客さんが、URLをクリックするだけで、あなたがアップロードしたデータをダウンロードできます。

 

データの容量が100メガを超えるとき

データが100メガを超える場合は、「フリーログイン」のボタンを押して、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押せば、上記の手順で、データのアップロードができます。


以上で、データ便の使い方を終了します。

4.注意点

データをアップロードする場合は、1度のアップロードで、1ファイルのみです。もしフォルダーごとアップロードする場合は、フォルダーを圧縮して、ZIP形式などにして、1ファイルにしましょう。

そうしないと、フォルダーの中にあるファイルを、1ファイルづつアップロードしなければなりませんので大変です。

しかも、受け取る側も、大量のURLをクリックしてダウンロードしますから、わけのわからいことになって、困っちゃいます。

特に、お客さんにデータを送る場合で、フォルダーの中身を全部渡したい場合は注意してください。これするかしないかで仕事が、取れるか、取れないかの問題になることがありますから、重要!

 

以上で終了です、

お疲れ様でした!

 

>>>前のページ
>>>INDEX


hiroyukitanakaをフォローする
SolidWorks(ソリッドワークス)( Lab)(ラボ)使い方や無料ソフトを動画と画像で徹底解説! 低価格なのに驚異の機能 3D-CAD。

コメント