SolidWorks ソリッドワークス 図面にスケッチ線を書いてみよう! スケッチの記入、挿入

スポンサーリンク
モデルの転倒角度や、ちょっと寸法が入れにくいときってありますよね。そんな時は図面に直接スケッチ線を入れることで、簡単に問題解決することがあります。(転倒角度は重心位置をモデル上で決めておく必要がありますので、ここでは割愛します)

 

スポンサーリンク

図面に直接スケッチでもっと便利に!

こんな時に図面にスケッチできるとお客さんにバカウケ!

>>>転倒角度や重心位置はコチラで解説しています。

それでは、スケッチ開始!

  1. スケッチタブの直線を選択します。


  2. スケッチ線を入れたい場所の近くに線を水平に引いて、寸法を入力して「OK」します。


  3. 頂点に一致拘束を付けます。これわかりますよね、モデルのスケッチの入れ方と同じです。
    >>>コチラで解説しています。


  4. あとは、寸法や注記をいれれば完成です。


図面に直線や円弧線などを入れてみよう!

 

今回は、図面にスケッチを入れる方法でした。

これって、モデルのスケッチ方法とほとんど同じですよね。でも、この方法知らないと、だいぶ損しちゃいますので、基本編としては、必要不可欠として掲載しました。

「こんな、解説はいらない!!!」と言われそうですが、ご了承ください。

以上で終了です。お疲れ様でした!

 

>>>次のページ
>>>前のページ
>>>INDEX


コメント

ページトップへ戻る