SolidWorks ソリッドワークス 図面に中心線を入れよう! 一括挿入もOK!

スポンサーリンク
穴がある物を設計する際、断面図などに中心線を入れておくと、穴の指示を忘れても、作業者が「これ穴じゃないの?」って気づいてくれたりするから、図面が見にくくならなければ入れておいたほうが断然有利!

中心線の入れ方は、主に2通りありますので、2項目に分けて紹介します。

スポンサーリンク

1.穴を選択して中心線を入れる

穴を選択して、中心線を入れる場合は、モデルのフィチャーごとに中心線が入ります。こんなモデルを用意しました。

  1. モデルの上で穴作成のフィチャーを確認しておきます。「カット-押し出し1」と「ミラー-1」「カット-押し出し2」の3項目で穴をあけています。


  2. 図面はこんな感じになります。断面図の穴に中心線を入れてみます。


  3. では、はじめます。メニューバーのアノテートアイテム「中心線」をクリックします。


  4. 中心線のプロパティマネージャーが表示されたら、穴の面をクリックして「OK」します。


  5. モデルの「カット-押し出し1」の部分だけ中心線が入りました。


  6. 他の穴にも中心線を入れる場合はモデルのフィチャーごとに中心線を入れていきます。今回の場合は「ミラー-1」「カット-押し出し2」ごとに中心線を入れてみました。これで全部の穴に中心線が入りました。

全部の穴に中心線を入れたくない場合は、この方法を利用します。

 

スポンサーリンク

2.ビュー全体に中心線を入れる方法

上記の例で、断面図全体に中心線を入れたい場合もあると思います、そんな場合はこちらを利用します。

  1. アノテートアイテムの「中心線」をクリックしてプロパティマネージャーが表示されたら、「自動挿入」の「図面ビューの選択」にチェックを入れて、断面図を選択後、「OK」します。


  2. 断面図のビュー全体の穴に中心線が入ります。

 

ビュー全体に中心線を入れる場合は、コチラの方法が便利で確実です。

 

 

図面に中心線を入れ動画です。

 

今回は、図面に穴なの中心線を入れる方法を紹介しました。

穴に中心線を入れておくと、誤作防止にもなるし、加工者が穴の認識を確実にできるから、まだ中心線を入れていない方は是非活用してください。

今回も、基本中の基本でした。

以上で終了です。お疲れ様でした!

 

>>>次のページ
>>>前のページ
>>>INDEX


コメント

ページトップへ戻る