SolidWorks ソリッドワークス 図面に幾何公差記号を表示してみよう!

スポンサーリンク
機械加工部品の場合、図面上で幾何公差を指定しておかないと、組み付けの際「あれ!芯振れしてない?」てことになっちゃいますよね。

そんな最悪のケースを避けるために、図面に幾何公差を入れる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

1.幾何公差を記入してみよう!

例として、同心円の記号を入れてみます。

では、作成方法です。

  1. アノテートアイテムの「幾何公差」をクリックします。プロパティウィンドウが表示されます。青枠の部分をクリックしてください。◎の同軸度のマークがありますのでこちらを選びます。


  2. 公差1に希望の数字を入力、「直径」をクリックして「OK」します。


  3. 記号がどこかに表示されますので、マウスで最適な位置に移動すれば完了です。


 

スポンサーリンク

2.寸法に設置するには

記号を寸法にくっつけて表示したい時もありますよね。その時の方法です。

  1. 記号をドラッグして、寸法にヒットするところまで移動します。


  2. 記号をドラッグして最適な位置に移動すれば完了です。


スポンサーリンク

3.記号を編集したい時

同軸度の記号を利用する場合はデーダムな場所を指定する必要がありますよね。その場合の記号の編集方法です。

  1. 記号をダブルクリックします、そうするとプロパティウィンドウが表示されますので、コチラで必要な情報を入力できます。


  2. 記号の編集が完了です、デーダム記号などを追加しておくと図面らしくなります。

 

デーダム記号の設置方法の動画

 

今回は、幾何公差の記号を図面に記入する方法を紹介しました。

幾何公差の表示は必須項目だと思いますので、ここに掲載しました。

是非活用してください。

今回はこれ終了です。

お疲れ様でした。

 

>>>次のページ
>>>前のページ
>>>INDEX


コメント

ページトップへ戻る