3D-CAD SolidWorks 使い方 入門

メール

3D-CAD 株式会社 サンエツ

SolidWorksの基本操作編
Selection Managerの便利な使い方
Selection Managerの基本操作
「セレクションマネージャー」とは、SolidWorksのヘルプには

「SelectionManagerは、輪郭の選択とスマート選択を統合して置き換える一方で、強化された選択機能を提供します。SelectionManagerはロフト、スイープ、境界サーフェス、パス合致(path mates) で利用できます。」

また、なんだかわかりません。

「セレクションマネージャー」とは,輪郭を選択することです。中級者や上級者 は反論があると思いますが、ここは初心者のサイトですのでご了承ください。

前回も掲載しましたがSelectionManagerの画像です。
SolidWorksのヘルプに掲載されたSelectionManagerの各機能です。やはりなんだかわかりません。 各ツールの使い方を解説します。
ツール
呼び名
説明
OK
選択を確定します。
キャンセル
選択をキャンセルして、そして SelectionManager を閉じます。
すべて選択解除
作成されている、または編集されている選択セットの全てのアイテムを選択解除します。
閉じたループ選択
閉じたループのどんな部分でも選択するとき、閉じたループ全体を選択します。閉じたループは:
  • 閉じた輪郭 (2D、そして3D スケッチのパラメトリックな選択)。
  • サーフェス ループ (サーフェスの境界の周りのパラメトリックな選択)。
開いたループ選択
あなたが1つのエンティティーを選択するとき、 すべてのチェーンを選択します。2D、 そして3D スケッチのパラメトリックな選択を含む、つながったエンティティ(Chained entities)。
グループ選択
1つ以上の個々のエンティティーを選択します。選択は、選択されたエンティティーの両方の端に、 接線エンティティーを含むことを伝えることができます。
領域選択
輪郭の選択(Contour Selection) モードのとき、2Dスケッチの中で現在利用できるように、 パラメトリックな範囲を選びます。
標準選択
通常の選択を使用。SelectionManager が始動できないときと同じです。
選択の自動承認
プッシュピン を押して、そして閉じたループ、開いたループ、 あるいは範囲選択を使うとき利用可能です。 自動的に選択を受け入れて、そして選択リストにそれを入れます。
今回は下の画像のエンティティを使用しますのでサンプルデータをダウンロードしてください。
ダウンロードしたら解凍してソリッドワークスで開いてください。 「セレクションマネージャー」操作の準備の準備をします。
  1. いくつかの平面が存在して見にくいですので、平面は非表示にしてください。
  2. 「ロフトサーフェス」を選択します。
  3. 「セレクションマネージャー」が表示されていない場合は右クリックで 「SelectionManager(O)」を開きます。 」

「セレクションマネージャー」操作の準備が出来たうえで改めて 「セレクションマネージャー」の利点を紹介します。
  1. 通常の選択ですとスケッチ全体しか選択できません。 例)「スケッチ2」
  2. スケッチの中から使用したいエンティティだけ選択できます。
  3. モデルの「スケッチ2」と「スケッチ3」は同一平面に複数のエンティティが存在します。 この場合「閉じたループ」を選択するとこのスケッチ上では閉じたスケッチしか選択できません。
  4. 「スケッチ4」と「スケッチ6」にも同一平面に複数のエンティティが存在しますが、 「開いたループ」を選択すると開いたエンティティしか選択できません。
  5. 「セレクションマネージャー」がないと上記のように同一平面に閉じたエンティティと 開いたエンティティが存在するとエンティティの選択ができない状態になります。
  6. 後程試に、「ロフトサーフェス」で通常の輪郭選択で「スケッチ2」と「スケッチ3」を入力してみて ください。SolidWorksがどのエンティティを利用すればいいのかわからずモデルが出来ません。
「セレクションマネージャー」を開いた状態にしてください。 を選択して「閉じたループ選択」の操作方法を見てみましょう。
を選択して「開いたループ選択」の操作方法を見てみましょう。

先ほど作成した「サーフェスロフト」を削除します。 改めて「セレクションマネージャー」の「開いたループ選択」を選択します。


を選択して「グループ選択」の操作方法を見てみましょう。

今度はモデルを削除せず、新たに「ロフトサーフェス」をクリックして 「セレクションマネージャー」の「グループ選択」を選択します。

を選択して「領域選択」の操作方法を見てみましょう。

モデル作成が見ずらいですから作成したサーフェスは全て削除してください。


セレクションマネージャーを使用してロフトサーフェスを作成しましょう。

モデル作成が見ずらいですから作成したサーフェスは全て削除してください。

今回は、「セレクションマネージャー」の基本操作を見てみました、ダウンロードした「selectionmanagerpractice1」 はいろいろな「セレクションマネージャー」の使い方が出来るようにスケッチしてあります。 時間がありましたら、「セレクションマネージャー」の機能を利用していろいろなサーフェス を作成してみてください。

次回は「フィルサーフェス」の基本操作を掲載します。

前のページに戻る場合はコチラ↓
基本操作編INDEXに戻る場合はコチラ↓