新規ドキュメントの作成 部品 アセンブリ 図面

新規ドキュメントの作成です。一部ファイルの保存も行います。なにをしても一番最初にはじめるところです(「開く」は除く)。部品もしかりアセンブリも図面も一番最初に行う部分です。画面はシートワークスですが中身はSolidWorks2015です。2019も全く同じ操作です。

新規ドキュメントの作成

新しく「部品」の作成「アセンブリー」の作成「図面」をする場合です。

新規 ビギナー

下記の画像の「新規」のボタンをクリックします。

SolidWorksの初期状態では「ビギナー」の画面が表示されます。 コチラは「部品」「アセンブリー」「図面」のテンプレートが用意されています。

  1. 新規ボタンをクリックします。
  2. 部品を作成する場合は「部品」を選択します。
  3. アセンブリーを作成する場合は「アセンブリー」を選択します。
  4. 図面を作成する場合は「図面」を選択します。
部品のテンプレートを選択して簡単なモデルを作成してみましょう。

「ビギナー」の表示だけでは用が足りない場合は「アドバンス」を選択します。 「ビギナー」のボタンをクリックすると「アドバンス」のが面が表示されます。*注意:アドバンスの画面は予めテンプレートを作成しておく必要があります。こちらはまだ学習 してませんので、今回は「こんなものがあるの~」位の気持ちでかまえてください。

新規 アドバンス

こちらは「アドバンス」をクリックしたときに表示される画面です。いろいろなテンプレートが用意 されています。テンプレートは予め自分で作成しておく必要があります。

「ビギナー」「アドバンス」の切り替えとその後の処理を動画で確認してください。

 

ファイルの保存と開く

現段階では上記の動画のようにテンプレートの作成はしません。 「ビギナー」の選択で結構です。

保存

新規に作成したドキュメントは、「指定保存」をしてください。そうしないとへんてこりんな名前で保存されてしまいます。

赤枠の部分が「指定保存です」ウィンドウズでいえば名前を付けて保存みたいな…

 

ファイル名を入力します、今回は「最初の部品」って入力してます。拡張子がありませんが新規で部品を選んでいますので、自動でファイルの種類が「部品」になっていて「保存」を押すと拡張子も自動で表示されます。

開く

最後に先ほど保存したモデルを開いてみましょう。

  1. 「開く」ボタンをクリックします。
  2. 部品のマークを選択します。
  3. 目的のファイルを選択します。

今回は新規ドキュメントの作成とかんたんな保存、ファイルを開く方法でした。

最初なので、あまり気にせずてきとうに操作してもらえば全く心配要りません。気軽のテストしてみよう。

 

このページはこれでおしまいです。

お疲れさまでした。

 

前のページに戻る場合はコチラ↓

基本操作編INDEXに戻る場合はコチラ↓
>>>INDEX

コメント