3D-CAD SolidWorks 使い方 入門

メール

3D-CAD 株式会社 サンエツ

SolidWorksの基本操作編
平面の作成と簡単な利用方法
平面の作成と簡単な利用方法

「平面」ってなに?

と思いますね。 なんたってグラフィック上ではただの青い線で囲まれただけのものですからね。
3D-CADではこの何もない平面にスケッチすることが出来ます。 ガラスに線を書いていくような感じです。平面を作成する方法は大別して2種類の方法 があります。
  1. 「参照ジオメトリ」タブの「平面」を選択する方法。
  2. 「コントロール」キーを押して現存している平面から引っ張り出す方法。 この方法は「Windows」を使い慣れた方は感覚で使えると思います。 平面をコピーする感じです。
まずは「参照ジオメトリ」タブの「平面」を使って平面を作成してみます。

  1. 現存する平面にスケッチします。
  2. 一度スケッチ編集を終了します。
  3. 「参照ジオメトリ」の「平面」を選択して参照したい平面とエンティティを選択します。
  4. 「OK」をクリックすると平面の完成です。

「スイープ」とは下記画像のようなモデルです。丸棒を曲げたもののようですね。
  1. 後でミラーしますので丸棒の半分のスケッチをします。
  2. 1度スケッチ編集を終了します。
  3. スケッチで作成したエンティティを利用して平面を作成します。
  4. 作成した平面に丸棒の太さの円をスケッチします。
  5. 再度スケッチ編集を終了して「スイープ」コマンドを選択します。
  6. 輪郭に円のエンティティを選択して、パスに正面にスケッチしたエンティティを 選択します。
  7. モデルが完成したらミラーを利用してモデルを完成させます。
今回は平面の作成と簡単な「スイープ」を見ました、次回は平面を利用して 簡単な「ロフト」を学習しましょう。
平面の作成方法はほかにも沢山有りますので、これからいろいろなコマンドを 利用する際に学習しましょう。
前のページに戻る場合はコチラ↓
基本操作編INDEXに戻る場合はコチラ↓