3D-CAD SolidWorks 使い方 入門

メール

3D-CAD 株式会社 サンエツ

SolidWorksの基本操作編
「ロフト」を使ってみよう
「ロフト」の操作基本編
「ロフト」を使うと「押し出し」だけでは、苦労することもいとも簡単にモデルの 作成が出来ます。
下記の画像のモデルは「ロフト」で作成しました。
このモデルの「ロフト」の手順です。
  1. 平面を2枚作成しておきます
  2. 1つの平面にスケッチをします。いったんスケッチを終了してください。
  3. もう一つの平面をスケッチ編集します。
  4. エンティティオフセットを利用して初めに作成したエンティティを拡大します。
  5. スケッチ編集を終了します。
  6. 「ロフト」コマンドを選択して「輪郭」に作成したスケッチを2つ選択します。
  7. この時プレビュー表示で網目模様がでたら、モデルの面が曲面になります。 今回は基本編の最初ですので曲面にならないようにしましょう。
  8. 「OK」でモデルが作成で来ます。
以下は「ロフト」の作成の動画です。

もう一つ「ロフト」でモデルを作成してみましょう。
  1. 正面にモデルのベース面をスケッチします。
  2. 一度スケッチを終了します。
  3. 頂点をスケッチする平面を作成します、と同時にこの平面をスケッチ編集します 。
  4. 頂点のスケッチが終了したら、一度スケッチ編集を終了します。
  5. 「ロフト」コマンドの「輪郭(P)」で頂点のスケッチを選択して、続いてベースのスケッチ を選択します。
  6. 「OK」するとモデルが完成しますが、今回はおまけでモデルに色を付けたい と思います。
  7. モデルに色を付けることは別の機会に解説しますので、飛ばしてください。
こんな感じのモデルを作成します。
次回は「サーフェス」を扱います。 「サーフェス」はソリッドの作成より曲面の作成がかなり強力です。 曲面の多いモデルを作成する場合は必要不可欠です。
前のページに戻る場合はコチラ↓
基本操作編INDEXに戻る場合はコチラ↓